海中熟成酒のトライアルツアー

SAKEを海に沈めることで、波による自然の揺れが熟成を加速させ、味がまろやかになる特徴を活かして、特産品販売と観光サービスにつなげる陸前高田市の一大新規プロジェクト。
(1)商品ブランド認知の向上と消費 (2)交流人口の増加 (3)地元児童に対して将来的な就労意欲の向上 を実現し、経済効果創出による地域活性に寄与するものです。

  • 開催期間

    10/13(土)~ 14(日)

  • 主な会場

    岩手県陸前高田市

  • 参 加 料

    1万円(現地までの交通費、食費等は実費負担となります)

  • 定  員

    5名程度

海中熟成酒のトライアルツアー

地域資源を活用して物販、観光による経済効果創出

陸前高田市で取り組まれている、地元の日本酒を海で熟成させた広田湾海中熟成酒の新商品開発。築地市場でも高く評価される海産物が育つ三陸沖広田湾という豊穣な海で、地元の日本酒やワインなどを熟成させて市内外の販売観光サービスを今後展開予定です。

今回のフィールドワークでは、ワインを製造している地元企業神田葡萄園のぶどう畑の見学や、実際に広田湾にワインを設置し、漁業体験などの観光コンテンツを体験頂き、その上で本プロジェクトの改善策や事業戦略に関するアイデアを頂戴するワークショップを実施します。

海中熟成酒のトライアルツアー

海中熟成でSAKEをまろやかに

海での熟成は酒蔵熟成よりも10倍の速度とも言われており、全国的にもまだまだ数量が少ないことから、なかなか味わえない希少性の高いお酒。

新しいお酒は新しければ新しいほど、アルコールと水が不均等に混じり合って刺激臭が強く、味もとがっていると言われます。何を美味しいと感じるのは個々人の好みですが、海中熟成酒は波によってアルコール分子が水の分子の隙間に入り込み、水に包まれた状態になるために香りも味もまろやかになると言われています。トライアルで3ヶ月海中熟成させた日本酒を飲んでみると、味がとろっとしたまろやかな味へと熟成されていました。

海中熟成酒のトライアルツアー

プロジェクトが目指す、社会的意義

陸前高田市では1970年代から人口が減少し、日本全国の地方都市と同様に少子高齢化による過疎化が懸念されます。さらに震災から6年が経ち、復興支援の機運が低下する今日において、市内にお金が循環する仕組みが必要があると考えます。

今回の海中熟成酒は市外の飲食店や個人の方々に広田湾産海産物と合わせて提供していくとともに、自らその熟成を体験できる体験型の観光コンテンツとしてのサービスを陸前高田市内で提供してまいります。特に観光コンテンツ化しているところは全国でもなかなか事例がなく、陸前高田市にお越し頂いた方に宿泊して頂き、熟成酒と新鮮な海産物をホテルや飲食店で楽しんで頂くことで市内に経済効果を生み出していきたいと考えています。

集合・解散場所 / 時間

  • 集合

    10月13日(土) / 13:00

    時間 :

    陸前高田市役所

  • 解散

    10月14日(日) / 13:00

    時間 :

    陸前高田市役所

岩手県陸前高田市(人口約19,000人)

1日目

10月13日(土)

東京からお越しの際は、以下の新幹線がおすすめです。
09:10 東京駅発→11:23 一ノ関駅着(そこからレンタカーを予定しています)
13:00 陸前高田市役所集合、移動
    葡萄園見学
15:30 海中熟成葡萄酒の設置と漁港見学
17:00 手ぶらで釣り体験
19:00 懇親会

2日目

10月14日(日)

09:00 ワークショップ
12:00 ランチ
13:00 現地解散

※午後に別途イベントオプションも調整中です。

3日目

オーガナイザー / 旅の主催者

鍛治川直広
鍛治川直広

合同会社ぶらり気仙

東京都出身。慶應義塾大学卒。IT(富士通株式会社)、銀行(みずほ銀行株式会社)、コンサル、会計事務所と異なる業種にて、大企業〜中小企業の経営をサポートし、実務経験を積むと同時にビジネススクールにて、経営学、財務/経営管理会計、マーケティング、プロジェクトマネジメント等を習得。 2009年11月より広域下北沢にて情報サイトをはじめとする、エリア活性化事業をスタートし、下北沢の商店街や店舗をを巻き込んだまち単位でのプロモーション活動を展開。  2011年10月以降、陸前高田での活動を展開し、2013年4月に合同会社ぶらり気仙を設立し、広域気仙エリア(大船渡市、気仙沼市、住田町、陸前高田市)を活動エリアとして 1)地域物産の大都市向け販売 2)大都市からの観光客の呼込み 3)付随するインターネットや紙媒体などを使った情報発信 を展開。  2014年より、漁師による漁業体験などを通じたPRを展開する広田湾遊漁船組合の事務局として、県内外コンクールにおける受賞実績のある海産物の加工品開発の企画からプロモーション、販売などを手がけ広域気仙エリアの活性化に従事。

参加者

海中熟成酒のトライアルツアー

10月13日(土) - 10月14日(日)