2019ラグビーワールドカップ・レガシープロジェクトと釜石DMO戦略

夏の五輪・サッカーワールドカップに続く、世界三大スポーツの一つ「ラグビーワールドカップ」。2019年に初のアジア開催が日本で行われ、そして人口10万人以下のまちとして唯一釜石市でも大会が行われます。のべ20万人が大会期間中に訪れ、世界中が釜石に目を向ける瞬間がある中、そこからどのようなレガシーを残していくか。

体験コンテンツの充実を進めるなど、(株)かまいしDMCでは様々な取り組みの企画準備をしています。大会期間中に釜石に訪れた人たちに、そしてテレビを通じて釜石を知る人たちに、どう釜石を発信していくか。2020年には東京オリンピック・パラリンピックを控えた中、1年早くやってくるラグビーを題材に、釜石レガシープロジェクトをともに考えてみませんか?企画の持ち込み提案も歓迎です!

  • 開催期間

    10月17-18日(水木)

  • 主な会場

    岩手県釜石市

  • 参 加 料

    1万円(現地までの交通費、食費等は実費負担となります)

  • 定  員

    10名程度

2019ラグビーワールドカップ・レガシープロジェクトと釜石DMO戦略

世界的イベントを機に、継続的価値を残せるか?

2019年9月・10月開催のラグビーワールドカップ釜石大会に向け、様々な試みがなされています。(株)かまいしDMCでは、世界中から注目を受けるこの機会に、一過性ならず、大会実施後も継続的に実施していけるような取り組みを検討しています。例えば、①イベントを同時期に立ち上げ、以後も継続させる。②競技場の大会後の活用③期間中提供する特産品の開発等々です。持ち込まれた企画を磨きあげ、予算を獲得し、実行することを目的とします。

集合・解散場所 / 時間

  • 集合

    10月17日(水) / 釜石駅

    時間 :

    12:00

  • 解散

    10月18日(木) / 釜石市内

    時間 :

    15:30

岩手県釜石市(人口約35,000人)

1日目

東京からお越しの際は、以下の新幹線がおすすめです。
07:16 東京駅発→新花巻乗換→11:58 釜石駅着

10月17日(水)
12:00 釜石駅前集合
12:15 おすすめ海鮮ランチ
13:00 市内案内(車にて)
    市街地、仲見世リノベーション、
    スタジアム見学 
    途中、かまいしDMCの取り組み説明  
16:30 チェックイン
17:30 懇親会&意見交換会

2日目

10月18日(木)
06:00 魚市場見学
08:00 岩手大学教授による水産資源の講義
09:00 釜石湾クルーズ、
    泉海岸フィッシング・ジオパーク(仮)
    予定地で何が釣れるか実地検証
   (簡易釣り竿はDMCが準備)
12:00 帰港
12:30 昼食
13:30 ワークショップ
15:30 解散

3日目

オーガナイザー / 旅の主催者

河東英宜
河東英宜

株式会社かまいしDMC

(株)かまいしDMC取締役事業部長。海外ガイドブック『地球の歩き方』発行の出版社にて26年間勤務。主に旅行マーケティングを担当し、旅行会社との取り組みや官公庁とのプロジェクト、在日海外観光局のプロモーションを担当。新たな旅行スタイルとして提案した「海外ボランティアツアー」は市場に定番化している。2011年には観光庁および官邸の依頼で被災地へのボランティアツアーを日本ではじめて企画。未経験の方でも簡単に参加できる仕組み作りと、被災地の渋滞緩和、内陸部の宿泊施設の稼動を実現させるモデルを実現した。2017年8月に同社を退職。地方創生事業にノウハウのある㈱パソナグループを経て現職。

参加者

2019ラグビーワールドカップ・レガシープロジェクトと釜石DMO戦略

10月17日(水) - 10月18日(木)