”千年藝術の森”を歩く トライアルツアー

一関市藤沢町保呂羽地区にある、曹洞宗藤源寺。創建550年を迎える古刹。藤源寺の周囲には 寺有林約100haが広がります。 少子高齢化、後継者不在、林業事業継承者の激減。その現象はむしろ「商業的林業」の限界であ ると感じています。 地域の水源であり、居住環境であり、農業の根幹である山林。私たちはこの寺有林を、1,000年 後の原生林として未来へギフトするというプロジェクトを立ち上げました。

私たちがよりよい未来を想像するとき、あらゆる人為的な”贈り物”は時間に淘汰され、未来にふさ わしいものであるとは考えにくい。ですが... 1,000年後の未来に、鬱蒼と茂る原生林。私たちが贈る未来として、これほど豊かで価値のあるも のがあるでしょうか。そして寺社こそ、1,000年の単位で未来を思惟することができる媒体なのです。この森を1,000年先にギフトするとすれば、いま私たちは何をすべきなのでしょう。その問いかけ に導かれ、私たちは本来のすこやかな自然との関係、そしてすこやかな生き方を取り戻してゆく。 その営みを”藝術”と呼び、まずは”宣言する”ことから始めます。

”千年藝術の森”を歩く トライアルツアー

寺社がギフトする未来~千年藝術の森とは~

今回のフィールドワークは、寺社が積み重ねてきた1,000年単位の時間と、今を生きる”私”に立ち 止まり、その時空が交差する”今”を深く体験することを目指します。

集合・解散場所 / 時間

  • 集合

    5月18日 /

    時間 :

  • 解散

    5月19日 /

    時間 :

オーガナイザー / 旅の主催者

佐藤良規
佐藤良規

曹洞宗藤源寺28世住職

972年生まれ。遠洋漁業を含む20種以上の職種を体験、海外30カ国を放浪の後、生まれ育った岩手県一関市にて創建550年の禅寺の住職となる。2011年、東日本大震災時に津波に遭遇、トラックの屋根の上で九死に一生を得る。以来、「本当に生きるとはなにか」という問いに導かれ、仏教そのものをあらためて参究、その体験と気づきを共有する講演と対話を国内外で重ねる。また、「NPO法人はまわらす」「千年藝術の森」「ぼうけん遊び寺」「寺子屋3.0」「禅ヨガ」「グッドモーニング神社」など、寺をハブとした里山・里海づくり、遊び、学び、子育てなど多くのプロジェクトを通して子どもたちに未来をギフトする日々に生きる。

旅の訪問先

事前情報・事務局からのコメント

学校から森へ(寺子屋3.0の模索) 現在、私の双子の娘(小5)が、小学校を〈休学〉しています。周りにもちらほら不登校児やそれ に悩む親御さんが見受けられますが、一関市においてフリースクールなどの代替的環境がまだ未整 備なのが現状です。そこで参加者の皆さんと、この森とお寺の環境を、学校教育には馴染まない こどもたちの教育(健やかでオーガニックな学びの場)としての「寺子屋3.0」を模索してみたいです!(佐藤良規)
”千年藝術の森”を歩く トライアルツアー

5月18日 - 5月19日