トップページ参加者の声田村 淳一 (第1期参加者・東北へ移住)
第一期(東北オープンアカデミー2015)にご参加

田村 淳一 (第1期参加者・東北へ移住)

元々、地域活性に関わりたいと思っていたこと、そして、東日本大震災の時に具体的なアクションができず心残りだったこともあり、参加を決めました。
フィールドワークによって初めて訪れた被災地。
そこには、地域や日本の未来について熱く語り、課題に対して諦めずに闘う人たちとの出会いがありました。
その人たちの想いに触れることで、復興や社会課題の解決はもはや他人事では無くなり、当事者として、”今だから見えるこれからの変化を見ておきたい”、”自分もその変化に関わりたい”と強烈に思い、初めて訪れた日から継続して現地に通っています。
現地や関わる方々の生き様に触れることで、自分自身の”どう生きるか”ということについて、真剣に考える機会にもなっています。
そして、アカデミーには同じような志を持ち、社会課題と向き合い、何とかしたいと思いアクションをおこす仲間がいます。
今回の参加はスタートライン。これから仲間と一緒に、未来を豊かに変えていく日々にわくわくしています。