循環のある暮らしの学び場、森 × 海 × 教育で町の明日を創る

石巻市雄勝町で1923年に設立され、木造に硯石(すずりいし)のスレート屋根が特徴的な旧桑浜小学校。2年半の歳月をかけ、5,000人のボランティアを含む多くの人の力によって、新たな施設に生まれ変わりました。世界中から集う子どもたちが、一次産業や循環する暮らしの体験を通じて「生きる力」を育む「MORIUMIUS(モリウミアス)」が2015年夏にオープン。震災によって人口1,000人となった町に、この半年で既に1500名以上が世界中から訪れています。
サステイナブルに生きる力を身につけたこどもたちがつくりだす、雄勝と世界の未来。雄勝に関わるすべての人とともに、“学びの場づくりから始まる町づくり”が動き出しています。

  • 開催期間

    4月22日(金)-24日(日)

  • 主な会場

    宮城県石巻市雄勝地区

  • 参 加 料

    5万円(東北オープンアカデミーメンバーシップ登録料含む)

  • 定  員

    10名

循環のある暮らしの学び場、森 × 海 × 教育で町の明日を創る

「生きる力」を引き出す、雄勝の豊かなフィールド

震災で8割の家屋が消失した町、そこには自然と人の生きる力がみなぎっていました。森と海の距離が近く、豊かで険しい雄勝の自然。そこで育まれるホタテやカキ、ホヤなどの海の幸と山菜や木の実などの山の幸。それらと密接につながり工夫して暮らす雄勝のたくましい人々。こうした豊かな環境をフィールドに、こどもたちが自ら動き、感じ、学びとり、たくましくなっていく時間をモリウミアスは提供しています。

循環のある暮らしの学び場、森 × 海 × 教育で町の明日を創る

循環のあるサステイナブルな暮らしを体験

モリウミアスでの生活は、自然をよりいっそう豊かにする「持続可能な循環する暮らし」です。排水を浄化して再利用する水田やビオトープ、湧き水や間伐材を使ったガーデンキッチン、薪で沸かす土壁の露天風呂、余った食材や食べ残しを再利用するコンポストと養豚。「パーマカルチャー」と呼ばれるこれらの仕組みを、体験から学びます。

循環のある暮らしの学び場、森 × 海 × 教育で町の明日を創る

雄勝から世界へ発信する、新しい教育の形

雄勝の豊かな自然と人をフィールドに、一次産業や循環する暮らしの体験を通じて、次の教育のあり方を共に考えませんか?開業時より監修いただいているパーマカルチャーデザイナーの四井真治さん(http://soildesign.jp/)をゲストにお招きし、自然をより豊かにするモリウミアスの暮らしの仕組みをつくり、学びながら、子どもたちの学びの場を設計していきます。

集合・解散場所 / 時間

  • 集合

    4月22日(金) / イオンモール石巻(高速バス仙台石巻線駅)

    時間 :

    21:50

  • 解散

    4月24日(日) / イオンモール石巻(高速バス仙台石巻線駅)

    時間 :

    14:00

宮城県石巻市雄勝町(人口約1,000人)

1日目

夜:
オリエンテーション
モリウミアスにて宿泊

2日目

午前:
施設案内、四井さんによるパーマカルチャーレクチャー

昼:
ガーデンキッチンで調理

午後:
モリウミアスのパーマカルチャー施設づくり(四井さん実践型ワークショップ)

夜:四井さん、コース参加中のこどもたち、モリウミアススタッフとの交流会

3日目

朝:
白銀神社へ

午前:
モリウミアスのパーマカルチャー施設づくり(四井さん実践型ワークショップ)
・振り返り

昼食:モリウミアス(または、仮設商店街)

オーガナイザー / 旅の主催者

立花 貴
立花 貴

公益社団法人Sweet Treat 311 代表理事。1969年仙台市生まれ。東北大学法学部卒業後、伊藤忠商事株式会社入社。6年で伊藤忠を退社し起業。2000年、食流通関連の株式会社エバービジョン設立。2010年、日本の食文化・伝統工芸を発信する株式会社四縁設立、薬師寺門前AMRIT運営。震災後、石巻雄勝中心に支援活動にあたり、2015年夏にモリウミアスをオープン。著書:『心が喜ぶ働き方を見つけよう』(大和書房 2012年4月17日発刊)。一般社団法人東の食の会理事。一般社団法人3.11震災孤児遺児文化スポーツ支援機構理事。株式会社四縁代表取締役。

油井 元太郎
油井 元太郎

公益社団法人sweet treat 311理事。1975年東京生まれ。幼少からアメリカで生活。アメリカ合衆国ペンシルバニア州レバノンバレー大学音楽学部卒業後、NYCで音楽の仕事に携わる。1999年より日本テレビにてアメリカンスポーツをニューヨーク支社にて日本へ放送。退社後2004年9月にキッザニアを日本に導入する株式会社キッズシティージャパンの設立に関わる。以後コンテンツ開発をはじめとする施設の開発を担当。2006年10月キッザニア東京を開業、以後年間80万人の来場者に楽しい学びを提供。2009年3月に国内2店舗目となるキッザニア甲子園を開業。2013年3月に同社卒業後、専任理事としてMORIUMIUSのディレクターを務める。

旅を共にする人たち

循環のある暮らしの学び場、森 × 海 × 教育で町の明日を創る

4月22日(金) - 4月24日(日)