世界中の人が集まる多様な学び場、森と海と教育で町の明日を創る

宮城県石巻市雄勝町に1923年設立、木造に硯石のスレート屋根が特徴的な旧桑浜小学校。約5,000人のボランティアと建築家隈研吾を含むプロにより2015年にモリウミアスとして生まれ変わりました。震災によって人口が約1,000人となった町に世界中から集うこども達は生きる力を呼び起こす自然と暮らしを体感しています。こどもの学び場を、そして町の未来を一緒につくることを目指しています。サステナブルに生きる力を身につけたこども達はどんな未来を作るのか?地域にある資源を生かしてこども達に学びを届けることが一つの地域のあり方になるのでは?
そんなことを感じ、考えてもらうツアーを開催!スタッフも募集中!

  • 開催期間

    2017年9月29日(金)~10月1日(日)

  • 主な会場

    宮城県石巻市雄勝町

  • 参 加 料

    5万円(東北オープンアカデミーメンバーシップ登録料含む)

  • 定  員

    8名(男女4名ずつ)

世界中の人が集まる多様な学び場、森と海と教育で町の明日を創る

「生きる力」を呼び起こす、雄勝の豊かなフィールド

震災で8割の家屋が消失するも、国立公園の一部である雄勝町。森と海の距離が近く、水の循環を感じる豊かな自然。そこで育まれるホタテやカキ、ホヤなどの海の幸と山菜や木の実などの山の幸。それらと密接につながり工夫して暮らす雄勝のたくましい人々。新鮮で旬な食材を使い、無添加や手作りの調味料を使った美味しい料理。こうした豊かなフィールドで自ら動き、感じ、学び、逞しくなる場がここにあります。

世界中の人が集まる多様な学び場、森と海と教育で町の明日を創る

地域の資源を生かした新しい教育の形をつくる

豊かな自然と穏やかで知恵に溢れる人。自然や食に癒され、住民との交流に刺激を受ける。豊かな暮らしに触れることは生きる力を再生してくれること。このような時間が地域にはあります。22世紀を担うこども達にその価値を伝えていく事が地域の未来をも明るくする。そんな取り組みを目指しています。世界との繋がりが各地域に生まれ、世界中のこども達が夏に日本の地域を訪れることが一つの姿になると考えています。

世界中の人が集まる多様な学び場、森と海と教育で町の明日を創る

サステナブル、ローカル、ダイバーシティ

雄勝の自然と人のみならず、モリウミアスが取り入れるパーマカルチャーの仕組み。排水を浄化して農業に使う、残った食べ物を家畜の餌とし堆肥にして土に還す。山羊や豚、鶏と共に暮らす環境。そして海外から長期滞在するアーティストや全国から集まる多様な人との交流。地域住民と毎年秋に開催する大運動会を10/1に開催するので、地域行事の運営や交流の機会もあります。老若男女、地域・国内外から集まる多様な場に参加してみては?

集合・解散場所 / 時間

  • 集合

    9月29日(金) / イオンモール石巻(高速バス仙台石巻線駅)

    時間 :

    21:50

  • 解散

    10月1日(日) / イオンモール石巻(高速バス仙台石巻線駅)

    時間 :

    14:00

宮城県石巻市雄勝町(人口:約1,000人)

1日目

夜:石巻イオン集合(仙台駅20:47発のバスを利用下さい。東京駅18:56発の新幹線がオススメです)
http://www.miyakou.co.jp/cms/express/desc/34/
夜:MORIUMIUS annexにて懇親会。食事は新鮮な魚介をふんだんに使った料理をお出しします。

2日目

午前:モリウミアスツアー、森プログラム
昼:美味しい魚介を使った昼食
午後:運動会に向けた準備 

3日目

午前:神社参拝、運動会開催
昼:美味しい魚介を使った昼食

オーガナイザー / 旅の主催者

油井元太郎
油井元太郎

MORIUMIUSフィールドディレクター。アメリカの大学を卒業後、音楽やテレビの仕事を経て、2004年に帰国後、キッザニアを日本に導入する会社の立ち上げに参画。06・09年に東京と甲子園にキッザニアをオープンさせる。2013年より宮城県石巻市雄勝町に残る廃校を自然の循環や土地の文化を体感する施設として再生。こどもの教育を通じた町の新生を目指す。

旅の訪問先

持ち物

汚れても良い服装と靴を持参ください。
歯ブラシ持参。タオルやドライヤー完備。アメニティは排水を再利用しておりますので、備え付けのものをご利用ください。
世界中の人が集まる多様な学び場、森と海と教育で町の明日を創る

9月29日(金) - 10月1日(日)