もう衰退産業と言わせない。地域を牽引する水産業モデル

深浦町発信!地域を水産業の力で元気にするモデルを構築してみませんか。
深浦町は、世界自然遺産「白神山地」をはじめ、青森県一の水揚げを誇る深浦マグロ、鉄道マニアが選定するローカル線1位の五能線、温泉につかりながら日本海に沈む夕日を眺めることができる自然環境などを有し、非常に可能性を秘めた地域です。そこで2年前に創業した、あおもり海山の取組を見に来ませんか?
魚を獲る、買い取る、加工する、ブランディングする、販売するまでぜんぶやっています。若い漁師もたくさんいます。
辺境から食の力で日本の未来をつくろう!という志を持った方のご参加をお待ちしております。

  • 開催期間

    6月2日(木)- 4日(土)

  • 主な会場

    青森県 深浦町

  • 参 加 料

    5万円(東北オープンアカデミーメンバーシップ登録料含む)

  • 定  員

    10名

もう衰退産業と言わせない。地域を牽引する水産業モデル

水産業は成長産業のポテンシャルを持っている

「漁業は儲からない」「後継ぎがいない」そんな言葉聞き飽きていませんか。
儲かっている現場をご覧ください。
クロマグロの資源管理がスタートしたとなると、東京海洋大学らと率先して国の調査事業に協力。はたまた、流通の問題を解決するため、官民ファンドから出資を受け、マグロの加工施設を建設。
第一次産業を何とかしたいとくすぶっているパワーに満ち溢れた人に伝えたい。地域の未来を創造していく会社の全貌をぜひご覧あれ。

もう衰退産業と言わせない。地域を牽引する水産業モデル

漁業も会社としてやっていく時代。

今までの漁業者は、一人親方。魚がたくさん獲れれば、腹巻きに札束を入れ、飲みに歩いていた。魚も高く、燃料代や資材なども安い時代だ。今となっては、すでに過去の話。昔話をしていても、飯は食っていけない。時代にあった新しい漁業に今こそ転換していかなければいけない。
漁業に関連する産業構造は、数十年前と変わっていない分、伸びしろが半端ない。転換期ともいえるこの時代に生きている若者が未来を作っていく。

もう衰退産業と言わせない。地域を牽引する水産業モデル

会社として行っている漁業とは?
なぜ若い漁師がこんなにいるの?

田舎に暮らしたくても、仕事がなく、都会に出ていかざるを得ない。生まれ育った故郷に帰りたくても、仕事がなく、帰れない。そんな言葉をよく聞く。
20代から30代の漁師が数多く所属する漁業会社は、如何にしてできたか。
その漁業会社が新たに作った加工会社の施設を見学。加工施設の直売所からは、施設の中をのぞくことができ、解体ショーなどが気軽に楽しめる。また、セリ体験やキープボトルならずキープマグロを企画中だ。

集合・解散場所 / 時間

  • 集合

    6月2日(木) / 深浦駅改札出口

    時間 :

    16:00

  • 解散

    6月4日(土) / 深浦駅

    時間 :

    12:00

青森県 深浦町 (人口約9,000人)

1日目

夜:深浦町にて懇親会

2日目

朝:定置網漁に同行、加工施設を見学

昼:昼食、その他観光地の見学

夕:ワークショップ(1)

夜:交流会

3日目

朝:ワークショップ(2) 

昼:解散

オーガナイザー / 旅の主催者

野呂 英樹
野呂 英樹

青森県青森市出身、31歳。東京海洋大学大学院を卒業後、青森県庁に水産の専門職として入庁。漁業の現場を肌で触れ、県内漁師らとともにNPO法人FTF.を設立し、試験流通を開始。県職員5年目にマグロの事業にかかわっていたことから、引き抜かれる形で県を退職し、(株)あおもり海山、(株)ホリエイに入社。 マグロの生産現場であるホリエイの漁船に乗船し、品質向上に努めている。また、加工センターの設計から建設に携わり、加工品の商品開発、営業、販売をこなしている。 その他、マグロ資源の減少が叫ばれる中、(株)ホリエイが研究機関として、東京海洋大学らと共同で試験研究を行っている。

高橋 博之

岩手県花巻市生まれ、41歳。青山学院大学経済学部卒業。2006年、岩手県議会議員補欠選挙に無所属で立候補、初当選。2011年の震災後、後援会を解散し事業家へ転身。“世なおしは、食なおし。”のコンセプトのもと、2013年に特定非営利活動法人「東北開墾」を立ち上げ、史上初の食べ物つき情報誌『東北食べる通信』を創刊。 その後一般社団法人「日本食べるリーグ」を創設。すでに20以上の「ご当地食べる通信」誕生している。現在、一般社団法人「日本食べる通信リーグ」代表理事、特定非営利活動法人「東北開墾」代表理事、株式会社KAKAXI代表取締役。

旅の訪問先

もう衰退産業と言わせない。地域を牽引する水産業モデル

6月2日(木) - 6月4日(土)